遺産の重要性について

人間が息を引き取ると、その方の資産要するに遺産についてですが、亡くなられた時に相続人の共有の財産になります。
相続人は配偶者そしてご子息といった資産を継ぐ権利を持つ方を意味し、どんな人がこちらの受ける権利を保有しているのかは法律によって確定されています。
それから、共有財産に変わってしまうというのは全ての相続人のものに変わるということです。
永遠に共有という事にはまいりませんので、どういった財産をいずれの相続人のものにするかを選定しなければいけないと言えます。
この手段として遺言が存在すればそのことに応じますが、遺言なき場合は、相続人どうしの協議で確定させます。
ここのところを遺産分割と言っているのです。
実際のところは、協議が手際よく仕上がる場合とまとまらないケースがでてきて、まとまらない状況だとよく言う争続が生まれてしまいます。
いわゆる争続を前もって防止することを望むなら遺言を残しておくことが重要だと断言できます。